天然100%ハナヘナまとめ

ヘナを今までしたことない方はこちらを見ていただくとわかりやすいです。

まずヘナはミソハギ科の植物の名前で、ローソンというオレンジ色の染料で染色します。

なので、白い髪には「オレンジ」に、黒い髪には「ほんのり色付く」感じに染まります。

そして、「タンニン」という成分で髪を収れんさせる作用があります。

この収れん作用が働いて、髪にハリとコシが出ます!!

白い毛に染めた状態が
一度染めだとこれぐらいです。
繰り返すことによってしっかりと染まっていきます。
ヘナナチュラルのみで染め続けられている方はこれぐらい入っていきます。

根本に比べて2回目以降の所はしっかりと色が入っています。

またブローをしていない状態でもツヤが出てキレイな髪になります!!

そして天然染料であるインディゴ

こちらはマメ科の植物で藍染めに使われている植物です。

インディゴはマメ科の植物でアレルギーが出る方には使用できませんが、このインディゴを混ぜることによって、ブラウン〜ダークブラウンに染めることが出来ます。

こちらも一度では若干染まりが薄いです。
こちらがヘナ1に対してインディゴ4で染めてあるものです。

この割合で繰り返し染めていくことによってダークブラウンに染めることが出来ます。
こちらはヘナ2に対してインディゴ3の割合で染めた物です。

こちらも繰り返し染めていくことによってしっかりと色が入っていきます。

こちらがヘナ2に対してインディゴ3で混ぜた物で染めた状態です。

根本の入りは染めたてだとインディゴの色味が出て緑味になっていますが、2〜3日経つと空気酸化してブラウンになります。

これを繰り返していくことによって濃いブラウンになります。
こちらがヘナ1に対してインディゴ4で染めた状態です。

インディゴが多くなることによって色味は濃くなってますが、やはり緑味が出るのと、一度だと若干染まりが薄いです。

濃く染めたい方には「2度染め」をオススメしています。

これは最初にヘナナチュラルで染めた後、インディゴ染めをする事によってしっかりと染色する方法です。

まずヘナナチュラルで染めて
その後にインディゴをする事によってかなり暗いダークブラウンに染めることが出来ます。

デメリットとしてはかかる時間が長くなってしまいますが、1日でしっかりと色が入りますのでオススメです!!


ヘナでは髪を明るくする事は出来ませんが、髪と地肌に優しく染色できるので、今までカラーが出来なかった方は相談にお越しくださいm(_ _)m

IC hairのまったりブログ

サイト引っ越ししました。